CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
Wine Blogger
MOBILE
qrcode
<< アスティの秋 Douja d'Or | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
シラーを味わう

 

みなさん、こんにちは。
大変ご無沙汰してしまいました・・・。

今日は、最近友人のソムリエ宅で行われたシラーの試飲会についてご報告しましょう。

シラーといえば、フランスのローヌ川流域、オーストラリアが有名ですね。
イタリア国内はというと、トスカーナやシチリアでよく造られています。

そこで、今回は「シラー対決:イタリア vs フランス vs オーストラリア」ということで、各人が「これぞ!」と思う一本をアルミホイルに来るんで持参し、目隠しで試飲しました。 つまり、ブラインド・テースティング(=Blind tasting)です。

何の情報もなく試飲するので先入観がない分、いろいろと想像が膨らみます。
色合い、香り、味わいだけに頼りながら 「どこの国のワインだろう?」とみんなで頭をひねるのもなかなか楽しいものです、これが・・・!

この日試飲したワインは次の通りです。

1)  Languedoc (Vin de pays doc), Rose' de Syrah 2008, Beauvignac, Les Costieres de Pomerols, 12,5%, 5euro

フランス、ラングドック地方のロゼ。輝くような美し色で味わいもかなりしっかりしていて、5ユーロとは思えない優れものでした。このワインは日本にも入っているそうなので、ご興味のある方はぜひ試してみてください。お得な一本です!

2)  Colli di Toscana Centrale IGT, Syrah 2006 "Case Via", Fontodi, 14,5%, 34euro 

全体的に力強さに欠けていて、残念ながら地味な印象の一本でした。
 
3)  Sicilia IGT, Syrah 2002 Kaid, Alessandro di Camporeale, 14%, 15euro

芳醇な香りに口当たりもスムーズで、調和のとれたエレガントなワインでした。
 
4)  Rosso di Sicilia IGT, Syrah 2006, Planeta, 14,5%, 22euro

美しいルビー色と花や果実香が豊かなのに比べ、味わいが今一歩それについていっていないという感じでした。

5)  IGT Provincia di Piacenza, Syrah 2003, Filagnonni, Casina Colombarola,    12,8%, 25euro

私が持参したワイン。このワイナリーは「バイオダイナミック」農法(「究極の有機栽培」とでもいえるでしょうか?)でワイン造りをしているのですが、この一本は残念ながらコルク臭にやられていました。

6)  Torbreck Barossa Valley 2005 The struie, 14%, 35euro

オーストラリアらしくとても力強く、打ち上げ花火のような豪快なワインでした。
 
7) Cape Mentelle Shiraz 2005 Margret River, 15%, 22euro

これもオーストラリアですが、大陸の西側になります。 フルボディでありながらしなやかでバランスのとれたワインでした。
 
8) Fox Gordon Shiraz 2005 Barossa Valley Eight Uncles, 14,5%, 30euro

これもオーストラリア産です。 スクリューキャップのワインでしたが、シラーらしくスパイス香やカカオ、コーヒー、ユーカリなどのブーケが豊かでしかも優雅な味わいを持っていました。
 
9) Appellation Crozes Hermitage Controlee 2005, Crozes Hermitage, Paul Jaboulet Aine, Syrah domaine de Thalabert, 13,5%, 30 euro

シラーの本拠地、ローヌ川北部のエミルタージュなのでそれなりの風格を持つ一本でしたが、味の持続性がやや短いような気がしました。
 
10) Appellation Cornas Controlee 1999, Cornas, J. VIdal Fleury, 13%, 32euro
 
残念ながら、ワインはもう飲み頃を過ぎて死んでいました・・・!もったいない・・・!

| - | 23:10 | - | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:10 | - | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://iamthirsty.jugem.jp/trackback/20
トラックバック