CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
Wine Blogger
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ボルドーへ その2 - ポイラックにて
 シャトー・マルゴーをあとに、バスはポイラックへと向かいます。
途中、メドック5大シャトーの次のふたつの近くを通りかかりました・・・。

シャトー・ラトゥール

走行中のバスの窓から撮ったのでちょっと揺れがありますが、ほら、真ん中やや左のあの丸い小さな塔・・・
あれがなんと「シャトー・ラトゥール」なのです!
レーベルのイラストで見覚えのある方もいらしゃるでしょう。
想像に反して、ちょっと・・・ショボかったです。

ふたつめは、これ。

シャトー・ラフィット

かの「シャトー・ラフィット」・・・です。

こちらはバスを路肩に止めて撮影時間が取られました。
道沿いに続く塀の外から撮ったのですが、手入れの行き届いた広大な庭園がとても印象的。
これまで見た中で一番美しいシャトーでした。

さて、このあと訪ねたのはこのシンボルで有名なシャトーでした。

ムートンのシンボル

そう、「シャトー・ムートン・ロートシルト」です。
このシャトーをプレミエール・クリュに昇格させた(1973年)最大の功労者フィリップ・ド・ロートシルト男爵は牡羊座生まれなので、シャトーのいたるところに羊のモチーフが見られます。

私たちが醸造所を見学していたとき、ちょうどワインを樽から樽へ移し変える作業が行われていました。下の写真からもご覧いただけますように、樽の口に近くにキャンドルを灯し、ワイングラスで少しずつワインを汲み取りキャンドルの光に透かして見ては、澱がなりかどうかをチェックしていきます。
熟成期間中にこの作業を何度か繰り返し、やがて美しい澄んだ赤ワインへと完成していくのです。



ムートンのファーストワインは有名アーティストのデザインによるレーベルが有名ですよね。
その人選は、毎年12月に翌年出るヴィンテージについて行われ、見事選出されたアーティストは自分がデザインしたヴィンテージワインと自分が好きなヴィンテージワインひとつを選び合計で10箱(1箱12本入り)を報酬としてもらうのだそうです。

私たちが試飲させてもらったのも瓶詰めされたばかりの2007年ものでした。レーベルは仮のもので、今年12月にそのデザインをするアーティストが決まるのです。

ちなみにムートンのファーストワインのお値段は次のようでした。



ワインは別として、このシャトー訪問で私がもっとも感動したのは、ロートシルト家が誇る美術品を展示した美術館でした。 絵画、彫刻、陶器、タペストリーなど(全350品)6000年のワインと人との歴史を語る素晴らしいコレクションです。 写真撮影禁止だったので、残念ながら映像をご披露することはできませんが、中には遊び感覚の楽しいものも・・・。

たとえば、壁にかかった18世紀の巨大なタペストリーには、オリエンタルムード満点の中国皇帝一族のピクニック風景が描かれています。その中でただ一人、料理を運ぶウェーターの目がこちらを見つめています。 もしあなたがこのタペストリーの前を左端から右端まで彼の目を見ながらゆっくり歩いたとしましょう。すると、彼は一瞬の隙も許さず、あなたを睨み続けるのです!

もうひとつは、これも18世紀初頭製作の一枚の額絵。しかし、この額は特殊な仕掛けになっていて、ネジを回すと画面が変わって、ひとつの額の中で3枚の絵が順々に見られるようになっているのです。額絵のタイトルは、「人間の3つの時代」。 最初の絵では、若者がバラの花で若い女性に言い寄っています。2つ目の絵では、老人が金貨で若い女性に言い寄っています。そして、3枚目の絵では、大人の男性がワイングラスを片手にこちらを向いて微笑んでいます。つまり、「ワインはいつでも人を幸せにするに十分」と・・・。

シャトー・ムートン・ロートシルトのあとは、シャトー・ピション・ロングヴィルを訪ねました。



ここでは、特にテースティングルームがかっこよかったです。



このシャトーはメドックの格付けで第2級になるのですが、するとワインの値段も(第一級に比べると)かなりお手ごろになります。一応、ご参考までに・・・。




| - | 12:08 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ボルドーへ その1 ‐ シャトー・マルゴー
バッカス

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
すっかりご無沙汰してしまいました。

4月の末にイタリアソムリエ協会の方が企画した6日間のボルドー・バスツアーに参加してきました。
ミラノから南東約60Kmにあるピアチェンツァ発、なんと12時間のバスの旅です。
総勢40人あまり。 私以外は全員イタリア人だったのでバスの中もにぎやかなことなんの!
映画のDVDをかけてみたり、トランプのトーナメント大会を開いてみたりと、移動中の“死んだ”時間をいかにみんなで楽しく過ごすかという術をさりげなく心得ているイタリア人には心底感心させられました! おかげで12時間のドライブも思ったほど退屈せずにすむことに・・・。オミゴト、パチパチ!!!

翌日からマルゴー&ポイラック、3日目サンテミリオン、4日目ソーテルヌ、5日目はちょっと北上してコニャックと、いろいろ見て回ることができました。
これから何回かに分けて、この旅のハイライトをお伝えしていきたいと思います。

シャトー・マルゴー

そうです、この奥に見えるあの建物がそれです・・・。
「シャトー・マルゴー」

ワインのことを本格的学び始めて3年あまり。こんなに早く訪れる機会がくるとは思っていなかったので、バスからここへ降り立ったときには本当に胸が震えました・・・。

もっと近づいてみましょう。

シャトー・マルゴー

現在のこのシャトーは1812年に再建されたもので、現オーナー(1977〜)はギリシャ人のアンドレ・メンツェロプロス氏。
シャトーの全敷地面積は約260ヘクタールで、そのうち赤ワイン用ブドウ畑が82ヘクタール、白ワイン用が12ヘクタール。 自社園のブドウだけで醸造し、第3者からの買い入れはありません。

シャトー・マルゴーのブドウ畑

シャトー・マルゴーにはまた、熟成に使うバリーク樽を製造する工房もあります。
樽工房や醸造所は、シャトー正面の裏手になります。



一日3樽のペースで年に約400樽を自社生産し、残りの800−900樽は外部から購入しているのだそうです。 ただ、樽内部のトーストは外部に発注するのだそうです。 ちなみにトーストの具合は「ミディアム」とのこと。

ファースト・ワイン「シャトー・マルゴー」のバリークでの熟成期間は24ヶ月、セカンド・ワインの「パヴィヨン・ルージュ」は18ヶ月で、前者にはすべて新樽を、後者にはファースト・ワインで使ったものの再利用と新樽が50%/50%の割合で使用されます。

これまで訪ねたイタリアのワイナリーではあまり見かけたことがなかったのですが、今回のボルドーへの旅では、2階式の貯蔵庫を備えているシャトーにいくつか出会いました。マルゴーもそのひとつです。地上階の貯蔵庫では、現在2008年のワインが熟成中。



地下の貯蔵庫では、2007年のワインが熟成中です。



驚いたことに、2008年もの(まだ熟成していないワイン)もすでにネゴシアンたちとすべて取引済みで、その価格はというと、1本110ユーロ+付加価値税だそう。150,000本生産し、ワインは2010年までシャトーで熟成させたのち出荷されるのだそうです。ご参考までに、セカンドワインの値段についてもお知らせしておきますと、一本22ユーロ+付加価値税で、200,000本の生産だそうです。

地下にはまたシャトー自身のワインセラーもありました。年代もののワインが静かに眠っています。

シャトー・マルゴーのお宝ワイン倉

近年の特に良かったヴィンテージは2004年、2006年で、特に2006年が最高の出来だそうです。
飲み頃はというと、セカンドワインでヴィンテージから少なくとも5年後、ファーストワインで少なくとも10年後ということです。

さて、待ちに待った試飲!私たちが試飲させてもらったのは2004年ものでした。
初めて味わう「シャトー・マルゴー」・・・グラスを手にしても、まだ信じられない思いでした・・・。

2004年は天候にも恵まれた大収穫年で、収穫量は1ヘクタール当たり5200リットル。
特にメルローの出来が良かったので、メルローの配分がいつもより多くなっているそうです。

カベルネ・ソビニョン 79%
メルロー          18%
ぺティ・ベルドー    2%
カベルネ・フラン    1%

2006年8月に瓶詰めされました。



香りが非常に豊かでエレガントです。 素晴らしい花のブーケと完熟した果実の香り。その間にカベルネ特有のベジタブル香が品良く漂ってきます。口に含むと、まだ若いワインですがタンニンはある程度落ち着いていてスムーズ感があります。そして、しっかりとした酸味がきりりと味をひきしめています。長い余韻の中でカカオや甘草、甘系のスパイス香も姿を見せます。

マルゴーは、メドックの他の第一級ワインと比べ女性的な優しいワインだと聞いたことがありましたが、なんとなくそのニュアンスがわかるような気がしました。 とても繊細で洗練された包み込まれるような味わいのワインでした。
| - | 11:40 | - | trackbacks(0) | pookmark |
Vinitaly 2009 &Vino Vino Vino 2009

4月2日から6日までVinitaly(ヴェローナで開催されるイタリア最大の国際ワイン見本市)が開催されました。
参加ワイナリー数は約4300社。毎日朝から晩まで回ったとしても、とても全部はカバーできないすごい数です。
今年は世界的な経済危機の影響で入場者数もいつもより少ないかと思っていましたが、いざ会場に着いてみると去年と変わらない盛況ぶり。 外国からの来場者数も昨年より2000人多い45000人に達したそうです。

ワインの世界でも、「エコ・フレンドリー」、「イノベーション」をアピールする企業が増えています。

例えば、ロンバルディア州のCaldirola(カルディローラ)というグループは、アルミボトル入りのワイン「W! Al generation」を発表しました。 



3R(ridurre, riusare, riciclare = 減らす、再利用する、リサイクルする)をモットーに、比較的若いうちに飲みきってしまうフレッシュさが売りのワインについて、完全に再利用・リサイクルの利くアルミボトルを採用しました。アルミボトルはまた、ガラス瓶に比べ壊れにくいだけでなく、一本わずか80gの重さなので、輸送においてもよりコンパクトでガソリンの節約、CO2排出削減にも役立つのです。

ワイン=ガラス瓶&コルク栓という伝統に囚われない若い世代をターゲットにしているようですが、このシャンプーのような無機的なボトルがワイン文化がDNAの一部になっているイタリア人の心にどこまで訴えることができるかは?・・・です。


いっぽう、ヴェネト州のAllegrini(アレグリーニ)というワイナリーは、「Etichetta Parlante(しゃべるレーベル)」というのを導入しました。



専用のデコーダー(「エココーダー」)をボトル裏面のレーベル上のイタリア国旗に当てると、このワインについてのすべてのデータやワイナリーの歴史などが、(デコーダーの)スピーカーから聞こえてくるというもの。 (英語版で聴きたい人は、イギリス国旗の上にデコーダーを当てる。)

このシステムは、偽商品が出回るのを防ぐための措置のひとつとして採用されました。 マイクロチップではなく、特殊なインクが情報を伝達するというのですから本当に驚きです。


Vinitalyの時期に合わせて、いくつかの別のワイン見本市もヴェローナ郊外で催されました。
「Vino Vino Vino」は、「Vini Veri(真のワイン)」という有機栽培やバイオダイナミック農法のみでワインを造っている生産者のグループが主催するワイン見本市です。


 
今回で7回目で、ヴェローナから南に約14kmに位置する美しいVilla Boschiで開かれました。出展者数もフランスやドイツなど海外のワイナリーも含め、約160社とVinitalyに比べるとこじんまりしてアットホームな雰囲気です。
彼らは、しばしば市場が求める"すばやい”成果を追求するのではなく、自分たちの土地とその文化を尊重し、過去からの伝統を大切に守っていこうと、Vinitalyとは一線を画したポジションを取っています。

| - | 11:38 | - | trackbacks(0) | pookmark |
Chateau Mouton Rothschild
そうです、あのメドックの5大シャトーのひとつ、シャトー・ムートン・ロートシルトをついに試飲する機会に恵まれました。 
しかも、2001年、1997年、1996年、1988年、1987年、1983年の6つのビンテージを飲み比べる、超贅沢なもの。
ネット上のワインフォーラムで知り合った愛すべきワイン狂の仲間たちが企画したもので、ピエモンテのレストラン「Olimpia」 で行われました。

生まれて初めて口にするボルドーのプレミエール・クリュ・・・。 あぁ、心が逸ります!



レストランに着くと、1988年、1987年、1983年ものはデカンタージュされていました。

それぞれの席の前には大振りなワイングラスが6つ並んでいます。香りをより効果的に引き出すために、このような立派なワインを味わうときにはグラスのセレクトも欠かせません。

試飲は3本ずつを2ラウンドに分けて、若いワインから始まりました。

まず第1ラウンドは、2001年、1997年、1996年もの。

2001年は、デリケートなやさしい香りにまず魅せられました。おしろい、円熟したバラ、ブルベリーやクロイチゴなどのフルーツ香、蝋、甘草、お香などが複雑に絡み合っています。そして、口に含むとしっかりとした酸味があり、タンニンもやわらかですが確かな存在感があり、この先のまだ長い熟成の可能性を感じさせるものでした。

1997年は、2001年に比べ香りも味わいもちょっとラフな感じでした。 一緒に試飲した仲間たちの多くは、「これはまったくバランスに欠けている」とバッサリ(!)。でも、まだ駆け出しソムリエの私にはそれほどひどいアンバランス感は正直言ってよく理解できませんでした・・・。 確かに膨らむような臨場感がなかったのですが・・・。
うーん、まだまだ飲み足らない、修行が足りないのですね。 
どちらにしろ、1997年はボルドーにとっては苦労の多い年だったそうで、難しいビンテージではあったのようです。

1996年は、開くまで少しかかりましたが、ボディもしっかりしており、香りも芳醇で豊かな素晴らしいワインでした。カベルネ・ソービニョン特有のベジタブル香(ピーマン)から、ブルベリーやプルーンなどの濃い色のフルーツ香、甘い香りのスパイス類、メントール、バルサミコ、甘草、革など。 また酸味も凛としていて、メリハリのあるしまった味わいで、味の余韻も長く続きました。 第一ラウンドの中では、もっとも評価の高かった一本です。




さて、いよいよ第2ラウンド。デカンタージュされていた3本の登場です。
いずれも80年代のもの。

1988年は、香り・味・ボディともに最高の出来で、本当に感動的な味でした。 力強いがエレガントで香り高く深みがあって、落ち着いた味わい・・・。 特に、ワインをかみ締めるとはこういうワインについていえるのかというのが身をもって実感できた一本でもあります。 余韻の長いこと・・・! ワインを飲み込んだあと、口の中で何度かみ締めてもその素晴らしい味がずっと続くのです・・・。 これがプレミエール・クリュワインの凄さなんですね・・・。

1987年は、非常に残念ながらコルク臭にやられていました。 1987年は、Philippe de Rothschild時代の最後のビンテージだったので、本当に残念です。

1983年は、1988年に比べ幾分線は細いものの、その分エレガンスが際立つ、こちらも完成度の高い傑出したワインでした。 1988年とは違った個性が光っていて、試飲仲間の間でも、88年と83年で第1位の意見が分かれたところです。 

90年代以降、ボルドーでは有名シャトーの多くが世界を飛び回る署名な醸造コンサルタント(“フライング・ワインメーカー”)を招き入れ、世界市場(特に米国市場)の好みにより適応したワイン造りに移行したことで、それぞれのシャトーが持つ昔ながらの個性が希薄化されてしまったといわれています。その結果、スタイルがスタンダード化してしまいました。 20年近く経った今、再び昔ながらの個性(テロワール)重視へと回帰する傾向が出てきているそうです。

今回の2つのラウンドを通して、その2つの系統の違いを少し垣間見たような気がします。

ちなみに、今回の6本はいずれも(送料込みで)一本150~230ユーロだったそうで、それを試飲会参加者11人で割って、一人あたり95ユーロの参加費でした。 お得!

試飲会からランチへ。それぞれが持ち寄ったその他のワイン(!)を酒に、「Olimpia」のとても美しくおいしい地元料理をみんなでいただきました。 
 




これらはほんの一部です。開いたワインの数が半端でなかったので、途中でついついいい気分になり、写真を撮るのを忘れてしまいました・・・!


| - | 22:02 | - | trackbacks(0) | pookmark |
Fa' la cosa giusta! 「正しいことをやろう!」


ミラノはだいぶん春めいてきました。
並木の枝に新芽が芽吹き始めています。
外は光がいっぱい・・・もう、家にはじっとしていられませんよね。

そんな中、今年で7回目になる環境にやさしい消費を考えるフェア「ファ・ラ・コーザ・ジュスタ!」が先週末ミラノの見本市会場で開催されました。
今回のテーマは、「より賢い消費、より少ない消費」。

有機野菜、手作りビールやワイン、チーズ、サラミなどの食品から、自然派化粧品、リサイクル材料で作った衣服や家具、書籍、日用品、環境を尊重した観光ツアー、再生可能エネルギーまで、様々な分野の製品やサービスが紹介されていました。 刑務所で服役中の人たちの手によって作られたかばんやTシャツなどもありました・・・。 

見本市会場風景

でも、やはり一番込み合っていたのはフード関係のフロア。
食いしん坊の私も例に漏れず、あちこちあきれながらの味見三昧。 

そして、今回はイタリアのチーズ・ソムリエ(!?)協会(ONAF)が主催する"チーズ試食講座”に参加してきました。
30分程度の簡単なものでしたが、それでもチーズの試食とワインの試飲のやり方は驚くほど似ているんだ!ということを発見し、大感激!
ワインを試飲するときは、通常「視覚」、「香り」、「味わい」という3つの観点から観察するのですが、チーズもまったく同じなのです。

では、チーズはどうやって香りを嗅ぐのか? 
ワインだったらグラスを軽く回して香りがたちやすいようにしますね。
チーズはお皿に盛ってある切れ端を単に鼻に近づけて嗅ぐのではなく、その切れ端を手で割ってその部分の香りを嗅ぐのだそうです。

こうやってチーズを割る

あと、香りや味わいの強さや長さ、複雑さ、後味、塩加減とまろやかさ(ワインだったら、酸味とまろやかさ)のバランスなどの評価に使う言葉もほとんど共通しているのには本当に驚きました。
・・・ワインとチーズってそれほど縁が深いということなのでしょうか?
そういえば、この試食会でも、途中で少しずつではありますが赤ワイン(カベルネ・ソービニョン)のサービスがありました。ワインとチーズの相性を試すために・・・。

今回は6種類のチーズを試食しました。カマンベールタイプのかなり柔らかなフレッシュなチーズから、ヤギの乳からできたチーズ、ワイン醸造用に使った樽を再利用してその中で熟成させたチーズなど。 そして、最後の2つはパルメザンチーズでした。つまり、パルミジャーノ・レッジャーノ24ヶ月熟成と同チーズ50ヶ月熟成。下の写真では、その熟成年数の違いでチーズはどのような風貌になるのかを説明して下さっているところです。

2つのパルミジャーノの違いを説明する講師の方

確かにカマンベールのようなデリケートなチーズにはカベルネは強すぎて、チーズの風味がワインに覆われてしまいました。しかし、パルメザンのような筋金入りの熟成ものなら互角に勝負できます。口の中で巻き起こる美味なハーモニーがたまりません・・・!

チーズも奥が深い。 ONAFは10回講座の本格的なチーズソムリエコースもやっているらしいので、そのうちぜひ参加してみたいと思っています。


 
| - | 23:54 | - | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/4PAGES | >>